蒜山の四季 夏



 蒜山高原への誘いにお越しいただきありがとうございます。 蒜山高原は岡山県の北部に位置し、夏は避暑、冬はスキーやスノーボード、春や秋は雄大な自然が満喫できる西日本有数のリゾート地です。2002年に週末生活のための山荘を蒜山に構え、蒜山高原の四季を通して情報発信しています。



 HOME > Summer

蒜山の四季 夏

 蒜山の夏は都会に比べて格段に涼しいのですが、日中はやはり30℃以上になります。 30℃以上の真夏の日であってもカラッとしていて、木陰に入ると随分涼しく感じます。また、朝晩は気温が下がり更に過ごし易くなります。
 私は朝の6:00〜7:00と夕方16:00〜18:00の時間帯が大好きで、朝は小鳥の囀り、夕方は蜩の鳴き声を聞きながらいつものんびりしています。

 真夏であってもエアコンはほとんど必要ありません。もっとも山荘にはエアコンはなく、日中は家の中に居ることがあまり有りませんので、その必要性はよく判っていません。 夜は窓を開ければ涼しい風が入ってきますし、窓を閉め切っても十分快適です。普段は窓を締め切ってシーリングファンを下向きにして扇風機代わりにしています。(窓を開けておくと締める時に虫が入ってきますので)













  
海水浴

 海水浴には米子方面へも米子道を使えば近いのですが、もっぱら「ハワイ海水浴場」へ出掛けたりしています。もちろん日本の鳥取県の海水浴場で、近くに羽合温泉があります。蒜山からは車で地道を使い1時間弱で着きます。

 また、「津黒高原温泉プール」も比較的空いており、こちらは20分弱です。プールに入る前にそうめん流しの山乗渓谷「涼水亭」へ行ったりしています。 ここは天然のマイナスイオンが満喫できます。お盆の季節などは昼の時間帯を避けた方が良いでしょう。
大宮踊(国指定重要無形民俗文化財)

 毎年お盆の時期(8/15頃)に踊られる蒜山地方に古くから伝わる盆踊りです。 蒜山各地の神社やお寺、辻堂などを日替わりで回って踊ります。中でも一番賑やかになる福田神社では、夜には屋台や花火大会もあり一見の価値があります。タイムスリップしたかのような神社周辺の町並み、そして蒜山にこんなにたくさん若者が居たのかと思うほど、若者たちや家族連れで賑わっています。

 花火は都会のそれとは規模は異なるものの、真っ暗な夜空に、頭の真上に打ち上がる花火の光と音は格別です。特等席であった田んぼの畦道に腰掛けてよく見物したものですが、昨今はその場所は立ち入り禁止となってしまい少し残念です。山荘からも見えますが、やはり花火は近くで見ないと臨場感が違います。



      
[HOMEへ戻る] ページTOPへ

 蒜山で暮らす
土地探し
山荘
大きな庭
田舎暮らし

 蒜山の四季
Spring
Summer
Autumn
Winter

 蒜山を楽しむ
施設
遊・食・憩
大山と蒜山
生きもの

 蒜山日記
Gallery
Diary

 嗜好
Car
Camera
Pc
My Favorite Goods

 サイト情報
About
Links
New

 スポンサード リンク




 Copyright(C) 蒜山高原への誘い All rights reserved