蒜山で暮らす 田舎暮らし



 蒜山高原への誘いにお越しいただきありがとうございます。 蒜山高原は岡山県の北部に位置し、夏は避暑、冬はスキーやスノーボード、春や秋は雄大な自然が満喫できる西日本有数のリゾート地です。2002年に週末生活のための山荘を蒜山に構え、蒜山高原の四季を通して情報発信しています。



 HOME > 田舎暮らし

蒜山で暮らす 田舎暮らし

 念願の田舎暮らしも年数が経つと色々なことが判ってきます。全てが楽しく快適なことばかりではなく、小さな問題から大きな問題まで色々と出てきます。

 もし、週末生活を検討中または、本活的な田舎暮らしを考えておられる方はマイナス面も考慮すべきだと思います。下記事項の半分以上は解決または納得しないと、快適な田舎暮らしは困難です。

田舎暮らしの現実

・週末生活は思ったより行ける回数が少ない
・週末生活には掃除、洗濯はつきもの(旅行の方が楽)
・テレビ、携帯電話の電波が届かない場所もある
・車がないと非常に不便
・庭、側溝などの作業は必須で待ってくれない
・固定資産税、村県民税、場所によって管理費が掛かる
・近隣の住民との関係性
・雨、風、雪などの環境の厳しいところでは建物の傷みが激しい
・冬季において除雪しないと行きたくても行けない場合がある
・電気代、水道代は当然必要(井戸などの地下水利用であっても何らかの費用は要)
・近くにスーパー、ガソリンスタンド、病院などがあった方が便利で安全
・虫が多く大きい(都会に多いゴキブリ、蝿はあまりいません)
・私道の管理や修繕方法の確立 ・土地や家屋の安全性



 以上のようなことを、誰が行ないどう解決していくかの答えを用意しておかないと、田舎暮らしを長く続けることは難しいと考えています。 生活してからこんな筈ではなかったと後悔しても遅く、全てはお金で解決するという考え方もありますが、なかなそういう訳にもいかないのも現実です。しかし、自分で工夫したり近隣の方と協力したり、時間を掛けて解決していく方法もあります。

 当初、月1回位は行けると思っていましたが、仕事や行事や何だかんだでなかなか行けません。訪れる頻度が少なくなると、その分庭は荒れ放題、たまに行っても庭仕事ばかりとういう繰り返しになります。今は年間5回行けたらよい方で、必然的にひとりで行く機会も増えてきます。
 このような現実を踏まえての田舎暮らし、良いか悪いかの判断は難しいのですが、結局のところ自身や家族が健康であるという前提に成り立っているような気がします。



      
[HOMEへ戻る] ページTOPへ

 蒜山で暮らす
土地探し
山荘
大きな庭
田舎暮らし

 蒜山の四季
Spring
Summer
Autumn
Winter

 蒜山を楽しむ
施設
遊・食・憩
大山と蒜山
生きもの

 蒜山日記
Gallery
Diary

 嗜好
Car
Camera
Pc
My Favorite Goods

 サイト情報
About
Links
New

 スポンサード リンク




 Copyright(C) 蒜山高原への誘い All rights reserved