蒜山を楽しむ 大山と蒜山



 蒜山高原への誘いにお越しいただきありがとうございます。 蒜山高原は岡山県の北部に位置し、夏は避暑、冬はスキーやスノーボード、春や秋は雄大な自然が満喫できる西日本有数のリゾート地です。2002年に週末生活のための山荘を蒜山に構え、蒜山高原の四季を通して情報発信しています。



 HOME > 大山と蒜山

蒜山を楽しむ 大山と蒜山

 蒜山のお隣の「大山」へは、蒜山大山スカイラインを通るか、米子自動車道の蒜山ICから溝口IC経由して行くことができます。
 大山・蒜山は中国山地の主脈から北にややはずれて誕生した火山山塊です。中国地方の多くの山々とは成因を異にするだけに個性的な特徴を備えています。
 蒜山や皆ガ山は東西12kmにわたって連なり、擬宝珠山から鏡ヶ成を経て大山山塊の南東のはずれ、烏ガ山につながります。また、東西に急峻な岩壁のある船上山から矢筈ガ山に続く溶岩台地の尾根は、南北6kmにわたって、標高615mの船上山からあまり大きな起伏もなく、徐々に高度を増して標高1,358mの矢筈ガ山に続き、南西に方向を変えて、大休峠を経て大山主塊につながります。主塊は標高1,729mの剣ガ峰を頂点として、東西1kmの主稜と、稜線の東端から急激に高度を落として南東の烏ガ山に続く槍尾根、北東には三鈷峰に続く尾根があります。

  

 大山主塊を構成する稜線はいずれも脆く、安山岩の山体には無数の亀裂が走り、気象条件の厳しい日本海側にあることも影響してか、侵食が進み頻繁に崩落を繰り返しています。南壁や東壁、北壁などは複雑で荒々しい地形を形成し、中国地方の最高峰大山の重要な魅力のひとつとなっています。また、この地方のほかでは見られない山岳的な地形と、山麓に広がる西日本最大規模のブナ林、弥山頂上部に広がる特別天然記念物のダイセンキャラボクなども大山の大きな魅力です。

 一方、蒜山三座は最高峰の上蒜山でも標高1,202mと高い山ではありませんが、裾野が広く、南麓に広大な蒜山高原を有し、開放感のある連山となっています。山肌はネザサの広がる草原面とブナ、ナラ、カエデ、カシワなどの樹林帯で覆われています。崩れゆく大山と森に還る蒜山、対極的な山々であるといえます。

大山まきばみるくの里

 大山の裾野に広がる施設。周辺では数多くの牛が放牧され、牛舎での授乳体験、みるく工房での乳製品作りといった各種酪農体験も人気で、併設するレストランには、新鮮なミルクをたっぷり使ったフードメニューも充実しています。


 大山の好きな場所のひとつです。山側には大山、海側には美しい芝生広場「パスチャの庭」の先に広がる弓ヶ浜を望む絶好のロケーションです。近くには大山の原生林を抜けていく900m程の山歩道があり、小さな子供連れであっても気軽に森林浴を兼ねた登山気分が味わえます。 ここでのお薦めは、みるくの里特製のソフトクリームでしょうか。休日は多くの家族連れで賑わいますので、混雑する時間帯を外して行くのが良いでしょう。

御机の茅葺小屋 定点観測

2010.11.4


2011.11.15


2013.4.13


2013.7.11


2014.10.28


2017.5.2


      
[HOMEへ戻る] ページTOPへ

 蒜山で暮らす
土地探し
山荘
大きな庭
田舎暮らし

 蒜山の四季
Spring
Summer
Autumn
Winter

 蒜山を楽しむ
施設
遊・食・憩
大山と蒜山
生きもの

 蒜山日記
Gallery
Diary

 嗜好
Car
Camera
Pc
My Favorite Goods

 サイト情報
About
Links
New

 スポンサード リンク




 Copyright(C) 蒜山高原への誘い All rights reserved