蒜山を楽しむ 生きもの



 蒜山高原への誘いにお越しいただきありがとうございます。 蒜山高原は岡山県の北部に位置し、夏は避暑、冬はスキーやスノーボード、春や秋は雄大な自然が満喫できる西日本有数のリゾート地です。2002年に週末生活のための山荘を蒜山に構え、蒜山高原の四季を通して情報発信しています。



 HOME > 生きもの

蒜山を楽しむ 生きもの

 蒜山では多くの生き物に出会うことができます。春は鳴き声の下手なウグイスに始まりいろいろな鳥を見ることができ、稀にキジも見かけます。その鳥の餌となる昆虫たちも活動を始めます。
  ウグイスの鳴き声が上手になり、梅雨が明けるとトンボやバッタ、蝶を見かけることが多くなり、毎年悩まされるカメムシが出現するのもこの頃で秋にピークを迎えます。一般的に昆虫は屋外に居るものですが、この虫は家の中に居ます。 また、7月の上旬までは湯船あたりでは蛍を鑑賞することもできます。不思議とセミの鳴き声は小さく、都会のようにクマゼミがうるさい程鳴くといったことはありません。まだ熱帯化の波はこの蒜山までは押し寄せていないようです。

  また、蒜山では大型の哺乳類に出会うことはありません。最近よく人里に現れるツキノワグマやイノシシを見かけたという話は聞きません。西日本最大のブナの原生林が広がり、自然が豊富な大山・蒜山地域に大型種が生息していないのは、中国山脈の主脈より北にはずれた位置のため、他の山々との連続性が薄く孤立した山域であるからと言われています。生息している哺乳類はキツネ、タヌキ、ノウサギ、ヤマネなどの小動物です。
  鳥類では、アカゲラ、アオゲラ、コゲラなどのキツツキ科、ヤマガラ、コガラなどのカラ類、ウグイス、キビタキなどのヒタキ科、渓流にはヤマセミ、カワセミなど、100種以上の鳥類が確認されています。
  



蒜山のクワガタ

 7月に入ると「コクワガタ」を時々見かけるようになり、8月になると「カブトムシ」も沢山採れます。蒜山ではコナラやクリの木はあちこちに自生していますが、クヌギはあまり見かけたことがありません。そのせいかどうかは分かりませんが、カブトムシは多くいるものの、「ノコギリクワガタ」、「ヒタラクワガタ」などの大型種は見たことがありません。唯一、「ミヤマクワガタ」は気候のせいか時々見かけます。ミヤマクワガタは昼間でも木の上を散歩していますので、沢山いれば楽しいのですが。
 以前、上蒜山の山頂付近でヒメオオクワガタを見つけたとの話を聞いたことがありますので、一度探しに行きたいと思っています。

  
 子供の頃からクワガタが大好きで、よく「家の庭でクワガタが採れたらよいのに」と思っていましたが、この蒜山ではその夢が叶いました。庭に自生していたコナラに時々やって来ます。コナラから出る樹液は年によって出方が異なりますので、毎年採れる訳ではありませんが条件が整えば結構集まってきます。 近くのコナラの雑木林などよりも、下草を綺麗に刈った庭にあるコナラの方が集まるようです。適度な風通しと明るさが好まれるのでしょう。鬱蒼とした暗い雑木林では決して見つけることはできません。
 
樹液の沢山出ている昆虫レストランには、大きなスズメバチも来ていますので、日が暮れてからか日の昇る前の方が安全です。 ハチは黒い色を攻撃する習性がありますので、必ず帽子を被って足元に注意しながら探してみましょう。明かりの少ない蒜山では灯下採集も安全にできる採集方法のひとつです。


      
[HOMEへ戻る] ページTOPへ

 蒜山で暮らす
土地探し
山荘
大きな庭
田舎暮らし

 蒜山の四季
Spring
Summer
Autumn
Winter

 蒜山を楽しむ
施設
遊・食・憩
大山と蒜山
生きもの

 蒜山日記
Gallery
Diary

 嗜好
Car
Camera
Pc
My Favorite Goods

 サイト情報
About
Links
New

 スポンサード リンク




 Copyright(C) 蒜山高原への誘い All rights reserved